まずは以下のマークアップから見ていきましょう。これは、今後のボイラープレートとしても利用できます。 これをコピーし、.html 拡張子のファイルとして保存してください。

<!doctype html>
<html amp lang="en">
  <head>
    <meta charset="utf-8">
    <script async src="https://cdn.ampproject.org/v0.js"></script>
    <title>Hello, AMPs</title>
    <link rel="canonical" href="http://example.ampproject.org/article-metadata.html">
    <meta name="viewport" content="width=device-width,minimum-scale=1,initial-scale=1">
    <script type="application/ld+json">
      {
        "@context": "http://schema.org",
        "@type": "NewsArticle",
        "headline": "Open-source framework for publishing content",
        "datePublished": "2015-10-07T12:02:41Z",
        "image": [
          "logo.jpg"
        ]
      }
    </script>
    <style amp-boilerplate>body{-webkit-animation:-amp-start 8s steps(1,end) 0s 1 normal both;-moz-animation:-amp-start 8s steps(1,end) 0s 1 normal both;-ms-animation:-amp-start 8s steps(1,end) 0s 1 normal both;animation:-amp-start 8s steps(1,end) 0s 1 normal both}@-webkit-keyframes -amp-start{from{visibility:hidden}to{visibility:visible}}@-moz-keyframes -amp-start{from{visibility:hidden}to{visibility:visible}}@-ms-keyframes -amp-start{from{visibility:hidden}to{visibility:visible}}@-o-keyframes -amp-start{from{visibility:hidden}to{visibility:visible}}@keyframes -amp-start{from{visibility:hidden}to{visibility:visible}}</style><noscript><style amp-boilerplate>body{-webkit-animation:none;-moz-animation:none;-ms-animation:none;animation:none}</style></noscript>
  </head>
  <body>
    <h1>Welcome to the mobile web</h1>
  </body>
</html>

この例では body 内のコンテンツはとてもシンプルですが、ページの head 内には一見わかりづらいコードが多数あります。では、必要なマークアップを分解してみましょう。

必要なマークアップ

AMP HTML ドキュメントに関するルール

ルール 説明
先頭に <!doctype html> doctype を指定します。 HTML の標準です。
最上位階層のタグを <html ⚡> にする
<html amp> も可 )。
ページを AMP コンテンツとして識別します。
<head> タグと <body> タグを含める。 HTML では任意ですが、AMP では任意ではありません。
<meta charset="utf-8"> タグを <head> タグの最初の子要素にする。 ページのエンコードを識別します。
<script async src="https://cdn.ampproject.org/v0.js"></script> タグを <head> タグの 2 番目の子要素にする。 AMP JS ライブラリを含めて読み込みます。
<head> タグ内に <link rel="canonical" href="$SOME_URL"> タグを含める。 この AMP HTML ドキュメントの通常の HTML バージョンを指定するか、そのような HTML バージョンが存在しない場合は、このドキュメント自体を指定します。詳しくは、ページを検出可能にするをご覧ください。
<head> タグ内に <meta name="viewport" content="width=device-width,minimum-scale=1"> タグを含める。initial-scale=1 を含めることも推奨されます。 レスポンシブなビューポートを指定します。詳しくは、レスポンシブな AMP ページを作成するをご覧ください。
<head> タグ内に AMP ボイラープレート コードを含める。 AMP JS が読み込まれるまで、最初はコンテンツを非表示にするための CSS ボイラープレートです。

省略できるメタデータ

このサンプルには、最低限の要件に加えて、head 内に Schema.org の定義も含まれています。これは AMP においては必須ではありませんが、コンテンツを特定の場所(Google 検索のトップニュース カルーセル内など)に配信する際に必要となります。


AMP ページを初めて作成するのに必要な情報は以上です。ただしもちろん、本文に表示されるコンテンツはまだ多くありません。次のセクションでは、画像などの基本要素やカスタム AMP 要素を追加する方法、ページのスタイルを設定する方法、レスポンシブなレイアウトを作成する方法について説明します。