Accelerated Mobile Pages プロジェクトとは何ですか?

Accelerated Mobile Pages(「AMP」)プロジェクトは、サイト運営者、消費者プラットフォーム、広告主、クリエイター、ユーザーなど、あらゆる立場からモバイル コンテンツ エコシステム全体を改善する必要性について、サイト運営者とテクノロジー企業の間で交わされた議論から生まれたオープンソース プロジェクトです。

今日のウェブコンテンツには、超高速で読み込みが行われ、簡単に検索できることが期待されています。しかし実際には、読み込みに数秒かかるコンテンツや、読み込みが遅いためにユーザーが閲覧を途中で諦めてしまい、完全に読み込まれることさえないコンテンツも存在するのが実情です。AMP は、読み込みがほぼ一瞬で完了するように設計されたウェブページで、誰にとっても利用しやすいモバイルウェブの実現に向けた一歩です。

Accelerated Mobile Pages にはどのようなメリットがありますか?

ウェブでは速度が重視されます。コンテンツを一瞬で読み込みできることが理想的です。ウェブページの読み込みが遅いほど、直帰率が高くなるという調査結果もあります。AMP 形式を使用すると、ユーザーにコンテンツがすばやく表示され、サイトやページの魅力をさらに高めることができます。一方、AMP の利点は速度やパフォーマンスだけにとどまりません。サイト運営者や広告主の皆様のコンテンツが、さまざまなプラットフォームやアプリで、場所を問わず瞬時に表示できるようになれば、収益拡大などコンテンツの提供者にとってのメリットにもつながります。そのような AMP の可能性をすべての人に活用いただけるよう、Googleでは AMP の普及をさらに推進したいと考えています。

Accelerated Mobile Pages の仕組みについて教えてください。

AMP は HTML ページによく似ていますが、使用できる技術的機能が制限されています。各機能は、オープンソースの AMP 仕様で定義され、この仕様に準拠するものです。あらゆるウェブページと同様に、AMP は最新のブラウザまたはアプリのウェブビューで読み込むことができます。

AMP ファイルは、ユーザー エクスペリエンスを高速化するために、読み込み速度を優先するさまざまな技術や構造化手法を活用しています。AMP のデベロッパーは、充実したウェブ コンポーネント ライブラリを利用できます。動画やソーシャル投稿などのリッチメディア オブジェクトを埋め込んだり、広告を表示したり、分析結果を収集したりできるウェブ コンポーネントが用意されていて、その種類は現在も増え続けています。AMP の目標は、ウェブ コンテンツのデザインを均質化することではなく、ウェブページの読み込みを高速化する一般的な技術を確立することです。

また、AMP ファイルは、ユーザーのモバイル端末にコンテンツが表示されるまでの時間を短縮するため、クラウドにキャッシュできるようになっています。コンテンツ制作者は、AMP 形式を使用することで、第三者によるキャッシュが可能な AMP ファイルでコンテンツを作成できるのです。このようなフレームワークの下では、サイト運営者や広告主は従来どおりにコンテンツを管理しますが、プラットフォーム側でのキャッシュまたはミラーリングが容易になるため、コンテンツが快適な速度でユーザーに表示されるようになります。Google はどなたでも無償で利用できる Google AMP キャッシュを提供しており、AMP はすべて Google AMP キャッシュによってキャッシュされます。Google 以外の企業が独自の AMP キャッシュを構築することも可能です。

つまり、限られた技術的機能とキャッシュが構成された配信システムを組み合わせることにより、ページの表示速度の向上と、ユーザー開発の推進につなげることが AMP の目標です。

Accelerated Mobile Pages プロジェクトがオープンソース方式を採用しているのはなぜですか?

本プロジェクトに参加している企業の皆様は、単独のプラットフォームや技術、または単独のサイト運営者や広告主だけを対象にするのではなく、すべての環境においてモバイルウェブがもっと利用しやすくなるようにすることを目指しています。プロジェクトをオープンソースにすることで、モバイルウェブの高速化のためのアイデアやコードをさまざまな人に共有、提供していただくことができます。AMP プロジェクトの旅はまだ始まったばかりです。他のサイト運営者様、広告主様、テクノロジー企業の皆様にもご参加いただけることを願っています。

Accelerated Mobile Pages を利用できるのは誰ですか?

このプロジェクトは、モバイル コンテンツ エコシステムのすべての関係者(サイト運営者、消費者プラットフォーム、広告主、クリエイター)に門戸を開いています。AMP を使用している企業やサイトについては、AMP 支援企業のページでご確認いただけます。

Accelerated Mobile Pages を使用するとどうなるのですか?

AMP 形式を使用することで、コンテンツ制作者は、第三者によるクロール、インデックス登録と表示(ロボット排除プロトコルに準拠)、キャッシュが可能な AMP ファイルでコンテンツを作成できるようになります。

Accelerated Mobile Pages を使用する場合はどのような責任が生じますか?

サイト運営者や広告主が AMP ページを閲覧するユーザーからデータを収集する場合、そうしたデータ収集は該当するサイト運営者や広告主のプライバシー ポリシーに則って実施されます。サイト運営者や広告主は、各 AMP ページ内にプライバシー ポリシーへのリンクを含めるなどの方法により、自身の責任でプライバシー ポリシーを開示する必要があります。

さらに、欧州連合などの多くの司法管轄区では、ウェブサイトに対し、サイト上(AMP ページを含む)で利用している Cookie などのローカル ストレージに関する情報をユーザーに提供することが法律で義務付けられています。多くの場合、こうした法律ではウェブサイトに対して同意の取得も求めています。サイトでの Cookie の用途に基づき、適切な通知の種類を判断するのはウェブサイト自身の責任となります。Cookie に関する通知の作成についての詳細やツールは、www.cookiechoices.org でご確認いただけます。なお、AMP コンポーネント amp-user-notification を利用すると、非表示に切り替えることが可能な通知をユーザーに表示できます。

AMP ページが第三者プラットフォーム上のビューア(Google 検索の Google AMP ビューアなど)内に表示される場合、そのようなビューアは、AMP ページと第三者プラットフォームのそれぞれがユーザーに関するデータを収集できる混合型の環境である場合があります。その場合、データの収集は各当事者のプライバシー ポリシーに則って実施されます(つまり、混合型のビューアの環境では、AMP ページによるデータ収集は AMP ページのプライバシー ポリシーに則って実施され、第三者プラットフォームによるデータ収集はそのプラットフォームのプライバシー ポリシーに則って実施されます)。プライバシー ポリシーの開示、および関連するデータ規制への準拠(Cookie の用途に関する欧州の法律を含む)は、各当事者の責任において対応する必要があります。

Accelerated Mobile Pages で効果を発揮するコンテンツの種類を教えてください。

AMP は、ニュース記事、動画、ブログ、商用ページ、GIF など、すべてのコンテンツに効果を発揮できるようにすることを目指しています。

コンテンツを Accelerated Mobile Pages 対応にする場合、追加の作業が発生することはありませんか?

手短に言えば、ほとんどありません。「AMP HTML」は当初から既存のウェブ技術をベースにして作成されているため、コンテンツの開発プロセスはサイト運営者や広告主が現在すでに使用している方法とほぼ同じです。AMP HTML 仕様について詳しくは、GitHub をご覧ください。現在のプロセスに慣れているサイト運営者や広告主であれば、すぐに習得することができるでしょう 。

サイト運営者や広告主のコンテンツを AMP HTML 対応にするにはどうすればよいですか?

サイト運営者やコンテンツ管理システム(CMS)プロバイダーは、お使いの CMS と統合して AMP コンテンツを作成することができます。Automattic ではすでに WordPress AMP プラグインを公開しています。私たちは、すべてのコンテンツ管理システムが AMP HTML ページ対応となることを期待しています。

AMP はモバイル専用ですか?

AMP はレスポンシブ性を考慮して設計されており、あらゆる画面サイズで動作します。ただし、第三者プラットフォーム向けの一部機能(Google のトップニュースのカルーセルなど)は、モバイル版専用として設計されている場合があります。第三者プラットフォームが AMP をどのように使用しているかについては、各プラットフォームにお問い合わせください。モバイルとパソコンでの AMP ページについて詳しくは、ポール バカウスによるブログ投稿「Accelerated Mobile Pages における「モバイル」について」をご覧ください。